第四次措置

「だいよじそち」

東京証券取引所が実施する増担保規制措置のうち、四番目にして最後に実施される措置。

第四次措置は「増し増し増し増し担保」「増々々々担保」「増し増し増し増し担」「増々々々担」と呼ばれることが多い。というよりそもそもあるの!?

委託保証金率は第三次措置の「90%」以上(うち現金比率「60%」以上)から、「100%」(うち現金比率「80%」以上)に引き上げられる。もうほとんど現金で買うのと変わらない水準である。

増担保規制に掛かる銘柄のうち8割以上は第一次措置でとどまって規制が解除されており、第二次措置に進むのは全体の2割未満、さらに第三次措置にたどり着ける(?)のはまれである。第四次措置に至っては管理人がデータの集計を開始してからは一度もない!

今後過去データの集計に取り掛かったらお目に掛かれるのだろうか?

増担保規制のインパクトは第一次措置の時が一番大きく、第一次措置が実施されて以降は通常売買参加者(売買高、出来高)も以前に比べて極端に減少しているので、一部の参加者を除いて第二次措置以降の規制の事前予測にはあまり関心が無いようである。

 

↓ 新着記事のお知らせをしています ↓

↓ 管理人のブログで「裏話・こぼれ話」を書いてます ↓

『『ましたんワールド』裏話・こぼれ話』

新着情報のお知らせを受け取ることができます

スポンサード リンク

参考になったらシェアをお願いします。m(_ _)m

戦果を報告する(コメントを残す) ※スパム防止のため管理人の承認後に表示されます