呪文

予言者

スポンサード リンク

長老
予言者よ、逢魔が時の予言のことでちと尋ねたいことがあるのじゃが。
予言者
長老か、久しぶりじゃのう。なんじゃ?
長老
呪文のことなんじゃが・・・
予言者
ちょっと待て。何か見にくいぞ。なんでわしとおぬしが同じ側におるのじゃ?
長老
それはALBATROSSの設定のせいじゃ。背景が青と緑を使えるんじゃが、いずれもアイコンが右側にしかつかんらしい。わしもおぬしも色ありが良いと思ってこうしたんじゃが。
予言者
色がついてもこれでは見にくいぞ。おぬし左に行かれよ。
長老
なんでわしが・・・。青はわしのカラーなんじゃ。
予言者
青は別に欲しゅうない。わしが主役なんじゃからおぬしが左に行くのが道理というものじゃろ。
長老
(致し方あるまい) 

 

長老
ところで逢魔が時の予言の呪文のことなんじゃが、これはどういう仕組みになっておるのかのう?
予言者
簡単なことじゃ。呪文によって予言は勇者にしか見えぬようにしてある。そしてその呪文の効力はその日のうちに消える。翌日には誰でも見ることができるようになっておるわ。その時見ても、もはやさしたる意味も無いからのう。早い時はその日の15時過ぎには見れる時もある。お、そうじゃった。今は旅人は見れんようにしておった。住人だけで良いからのう。
長老
今日(2017/01/16)の予言なんじゃが、勇者だけでなく冒険者も見れるようになっとるが、これは?
予言者
おおそれか。それはのう、呪文の効力は一気に消えるのではなく時間を掛けて徐々に弱まっていくのじゃよ。じゃから日によっては冒険者が朝の早い時間に見れることもあるんじゃよ。
長老
それには決まりごとみたいなものがあるのか?
予言者
いや、そんなものは存在せんよ。単にわしの体調次第じゃ。(笑) 今日はちょっと疲れておったので呪文の効き目が弱かったみたいじゃの。
長老
そうか、ちなみに冒険者が見れるかどうかあらかじめ特徴かなにかあるのかのう?
予言者
ありゃせんよ。見れるのなら見れる、見れんのなら見れん、ただそれだけじゃ。
長老
もう少しなんとかならんもんかのう? わかりやすいように・・・。
予言者
タダで見れる可能性があってその状況を最大限に活かしたい者は勝手に見に来て結果を残すじゃろうし、お膳立てをしなければ行動せんようなやつはいつまでたっても何も変わらんじゃろう。今さら何を言うておる。おぬしも甘くなったのう。そんなことでは立派な勇者は育てられんのではないか? 勇者は自ら行動を起こすものじゃ。
長老
そんなことはおぬしに言われんでもわかっておる。現に今も一人若いのを育てておるところじゃ。(しかし、まるてんのやつ大丈夫かのう? あの思考回路を変えんことにはちょっとダメかもしれんのう・・・)

ましたんワールドのデータを実戦に活かす!

『規制空売りの教科書』(←関連記事参照)

627x177px.png

新着情報のお知らせを受け取ることができます

スポンサード リンク

参考になったらシェアをお願いします。m(_ _)m

戦果を報告する(コメントを残す) ※スパム防止のため管理人の承認後に表示されます