規制空売りの教科書

規制空売りの教科書_300x250_2

スポンサード リンク

 

新しいカテゴリーの『ましたんライブラリー』

相場・投資に関連する本を紹介するコーナーです。最近はあまり新しい本を読んでいないのですが、昔読んだもので環境が変わった現在でも通用する本質論を語っている良書を扱う予定にしていました。

しかしながら遅々として筆が進まず、いっこうに記事を書かないうちにある電子書籍を目にすることになりました。

『【堀北晃生】規制空売りの急落理論』

規制空売りの教科書_300x250_2

 

実はこの本、おそらくましたんワールドを作るキッカケとなったある情報商材の内容そのもののようなのです!

詳しくは一連の『増担保規制に関する参考記事』をご参照ください。

 

当時「◯◯万円」という破格の値段で売られていたものが、ナント定価「500円」に。しかもそれが今だけキャンペーン中ということで「0円」!?

いやはやなんというか、言葉になりません。

その辺の話は管理人のブログで扱うとして、さて気になる中身は?

 

この本に書かれている投資法は、冒険者勇者など住人向けに発表しているデータ『増担保規制実施日前日の値動き』を利用したものです。詳しくは本書を読んでいただいた方が早いし正確なのでここでの説明はいたしません。

なんといっても無料なので・・・。

 

ましたんワールドは今のところ、ある程度相場や増担保規制の知識がある人向けの作りになっているので若干わかりにくいかもしれませんが、本書はいわゆる相場初心者の方にも分かるような詳しい説明が丁寧にしてあるのでご一読をオススメします。

ましたんワールド内で完結していないのが残念ですが・・・。

 

注意事項を何点か。

  1. 本書とましたんワールドとは一切関係がありません。
  2. 一部誤植と思われる箇所が見受けられます。
  3. 長老が何度か言ってますが、本書に書かれている内容も、あくまでシステムの一部「機能する概念」です。
  4. 投資・投機はいついかなる時も自己責任です。特に投機は反対側に相手がいることを忘れないでください。
  5. ◯◯万円」が「0円」になることの意味を考えるといろいろなものが見えてきます。

 

最後に手前味噌になりますが、本書を読み進めるにあたって『増担保規制実施日前日の値動き』を始めとした各種データを知っていると格段に理解が深まります。この機会にましたんワールド住人になりませんか?(笑)

 

『規制空売りの教科書(補足)』に続く。

 

規制空売りの教科書_300x250_2

ましたんワールドのデータを実戦に活かす!

『規制空売りの教科書』(←関連記事参照)

627x177px.png

新着情報のお知らせを受け取ることができます

スポンサード リンク

参考になったらシェアをお願いします。m(_ _)m

戦果を報告する(コメントを残す) ※スパム防止のため管理人の承認後に表示されます